スマートフォン一つあれば、すべてのフィールドがオフィス。。。

屋外でテントを貼り会議も 東京で「アウトドアオフィス」が人気

 

 そよぐ風、降り注ぐ陽光、青々とした芝生。ピクニックさながらの環境で会議や仕事ができる。そんな「アウトドアオフィス」が人気だ。

*  *  *

議論が煮詰まり、終わりが見えない会議中。目を移すと窓の外にはそよぐ緑、降り注ぐ日差し。こんな日に、自分はいったい何をしているんだろう……。社会人なら誰でもそう感じたことがあるのでは。

ならば会議室ごと、いや、いっそのことオフィスごと、屋外に移してしまおう。そんな「アウトドアオフィス」という試みが広がり始めている。

「◯◯さんはどう思う?」

「あ、それ面白いね!」

広々とした芝生に張られたテントから会議の声が漏れてくる。

品川駅港南口からすぐの複合ビル「品川シーズンテラス」(港区)では5月14〜18日、ビルに隣接する芝生広場にテントやテーブルを設営し、仕事場として 使えるようにした。テントの中では円卓を囲んで車座に。日よけつきのテーブル席もある。最大8人で会議ができ、電源やWi−Fi、ホワイトボードも備えら れている。

1時間1千円で誰でも使え、数十人が座れる席が、連日ほぼ満員。5日間で約400人が利用した。品川シーズンテラスの管理会社で、イベントを主催したNTT都市開発によると、社内会議、社外との打ち合わせ、事務作業など様々な使い方をする人がいたという。

会社経営の上田浩史さんはノートPCや資料を持ち込み、同じ事業に取り組む他社の2人と打ち合わせをした。

「開放的な雰囲気のなかで、いつもよりもリラックスしながらミーティングできた」

部署での定例会議に利用したという女性は笑顔で話す。

「草のにおいも気持ちよかったし、アイスコーヒーがいつもよりもおいしく感じた。普段の会議では耳しか働いていないけれど、五感全部を使って仕事ができた気がする」

一人で仕事をしていた街づくりコンサルタントの若尾健太郎さんは「集中したりリラックスしたり、メリハリをつけて仕事ができた。カフェだとあまりくつろげないし周りが気になる。家だとリラックスしすぎてしまうこともある。新鮮でした」

8人で会議をしていた人たちも「アウトドア効果」を実感していた。

「普段なかなか出ないような率直な意見が多く出た」

「心の枠が外れた感じで、いつもと違った思考ができた気がする」

アウトドアオフィスは都心部を中心に徐々に広まりつつある。品川では2016年、17年の秋に続いて3回目。今年の9月にも予定している。

渋谷駅近くの複合ビル「渋谷キャスト」では東京急行電鉄が6月から、広場に大型のテントを設置し、期間を定めずにオフィスとして使えるようにする「キャンピングオフィス」というサービスを始める。まずは関係企業に貸し出し、8月から一般の人も使える予定だ。

東急電鉄によると、期間限定ではないアウトドアオフィスは全国で初めてという。東急は沿線の多摩川沿いでも、同様のサービスを始めることを検討している。

三菱地所も5月25〜26日、高級ブランド店が立ち並ぶ東京・丸の内仲通りにアウトドアオフィスを設置した。5月にオープンしたばかりのカフェからドリンクやスイーツをテイクアウトして、仕事をしながら楽しめるのが売りだ。(編集部・川口穣)

[AERA 2018年6月11日号より抜粋]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です