ポジティブはコンプレックスの先にある

「考えないようにする」ではなく「考え抜く」ことで得られるプラス思考

■「弱い自分」を許せるようになった
プロ15年目となる上田さんは、今季ツアー2勝、通算15勝目。長きに渡り女子ゴルフ界のトップを走り続けている。プレーや日常の一瞬を捉えたいくつかの 写真を渡され、「最も美学や信念が表現されている写真は?」と聞かれた上田さんは、狙いすましたアイアンショットの写真を選んだ。「ゴールに向かって常に 進んでいくことを自分の中で大事にしているので、これが一番自分らしく、未来を見ている感じがします」と迷わず即答。その決断力の速さについて触れられる と、「ゴルフのプレー中でも大事だったりするので、迷わないようにも努力しています。“直感で決まらなくてもすぐに決める”ことを普段から意識していて、 例えば、買いたいものが3つあって迷うくらいなら、3つとも買います」と笑う。
“決断力”は、上田さんに対するパブリックイメージに当てはまると言えそうだ。同様に、“負けん気が強い”という印象もある上田さんだが、前回の出演から 1年経ち、大きく変わった点は「許せるようになった」ことだという。「もともと自分の性格がイヤで、以前は人からどう見られているか、自分がどうあるべき かが先行し、自分がどうしたいか、どうありたいかは考えていなかった。我慢することもストレスに感じたり、ネガティブなイメージを持っていたりした」とい う。今では、“我慢している自分”、“弱い自分”を許せるようになったが、その変化は、上田さんがMCを務めるトーク番組、『全力!桃子チャンネル ~上田桃子が伝えたいコト~』(BS朝日、毎月第3土曜9:00~9:30)にゲスト出演する“その道のプロ”たちの影響によるものだった。中でも、最初 のきっかけは、海洋冒険家の白石康次郎さんとの出会いだと振り返る。「ポジティブな白石さんは、自分とは真逆の人だと思っていた。けれど、親しくなる中で 色々な話を聞いてみるとすごく繊細で、たくさん考え抜いた先でプラス思考に行き着いた、ということが分かった。白石さんのお陰で、“私はまだ考え抜くとこ ろまではいっていない”、“自分を好きになれなかった期間も必要な時間”と考えられるようになりました」。
■一度きりの人生は「自分らしく」
以前に出演した際は、24時間、寝ている間さえゴルフのことを考えてしまい、「料理をしている時だけゴルフを忘れられる」と語っていた上田さんだが、現在 は、ゴルフ場を出たら違うことを考えるようになったという。「例えば次の休みの予定やオフに行ってみたい海外のことを考えたりしています。そうやってオフ の時間が充実する分、スイッチがオンになった時により集中できるようになりました」。33歳の今、結婚や出産といった、女性としての幸せを望む気持ちがな いわけではない。しかし、「今の優先順位はゴルフ」ときっぱり。「ゴルフが楽しいと思っている間はチャレンジしたいので、今はゴルフを頑張りたい」と力強 く語った。
上田さんは、「コンプレックスだらけで、“こうなりたい”という欲望もいっぱいあるけれど、それも含めて自分なので、それでいいと思っている。良くも悪くも、誰でも人にないものを必ず何か持っているので、一度きりの人生、それをまず伸ばしていくことがとても大事ではないか」と語り、座右の銘は「自分らしく」であると述べた。そんな上田さんが自分らしいと感じる部分は“粘り強さ”だ。「どんなに差がついていても、最後に何か起こるかもしれない。そう思うこ とで来週につながると思っているので、一回も諦めたことはないです。若い時は本当に負けず嫌いな性格が自分を支えていたし、根本、諦めの悪さは染みついて いるので、これからも自分らしさとして大事にしたいです」と笑顔を見せた。
才色健美~強く、そして美しく〜 with Number

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です