自我を探して始め、自我を捨てて終わり、そしてまた初めに還る。。。

 

仏道をならふといふは、自己をならふなり。

自己をならふというは、自己をわするるなり。

自己をわするるといふは、萬法に証せらるるなり。

萬法に証せらるるといふは、自己の身心および他己の身心をして脱落(とうらく)せしむるなり

[道元『正法眼蔵』「現成公案」]

 

〔現訳〕

仏道をならうというのは、自己をならうことである。

自己をならうというのは、自己を忘れることである。

自己を忘れるというのは、天地宇宙の一切のものの働きによって証り(悟り)がわが上に現れることである。

天地宇宙の一切のものの働きによって証(悟り)が我が上に現れるというのは、自他の身心をしてそっくり束縛から脱せしめることである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です