UVコントロールおさらい

■紫外線対策徹底ガイド! 日焼け止めクリームの選び方や紫外線対策のおすすめグッズなどをご紹介

紫外線対策はきちんとしていますか?した気になっている間違った紫外線対策や、「そこまで気にしなくても大丈夫」といったおごりは、後の後悔につながり なりかねません。そうならないためにも、正しい紫外線対策の方法を知っておきましょう。ここでは、紫外線対策について徹底解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

[1]いつから紫外線対策はすべき? 紫外線が怖いと言われる4つの理由と注意点

『紫外線』という言葉は日常の中でもよく耳にしますが、実際に紫外線というものが何かを正しく理解している人はどれくらいいるでしょうか?『紫外線は怖いもの』そう言われる理由を解説していきます。

◇紫外線って何?
紫外線とは、太陽から放出され地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。私達に降り注ぐ紫外線はA紫外線(UV-A)とB紫外線(UV-B)に分けられます。

▼A紫外線B紫外線とは
A紫外線は『生活紫外線』とも呼ばれ、地球に到達する紫外線のうちの約 90%を占めていると言われています。波長が長いため天候にはあまり左右されず、年間を通して降り注ぐといった特徴があります。また、窓ガラスをなども透 過して肌の奥まで到達するという特徴があるので、たとえ屋内でも窓の近くなどはA型紫外線の影響を受けやすいとされています。

一方、B紫外線は『レジャー紫外線』と称され、屋外での日焼けの主な原因です。地表に降り注ぐ紫外線全体の約10パーセントほどですが、有害性はA紫外線と比較して最大1000倍とも言われています。

◇紫外線が怖いと言われる4つの理由
▼シミやしわ、たるみの原因に
波長の長いA紫外線は、じわじわと肌の奥深くまで到達し、肌に悪影響を及ぼします。活性酸素を発生させるエネルギーが強いため『シミ・しわ・たるみ』などを引き起こす大きな原因であることがわかっています。

▼老化の原因に
肌の老化の7割は紫外線による光老化だと言われています。
『シミ・しわ・たるみ』を引き起こすA紫外線だけではなく、エネルギーが強いB紫外線にも『シミ・しわ・そばかす・乾燥肌』というような老化を促す作用があります。いつまでも若々しくいたい人には、どちらの紫外線も大敵です。

▼皮膚がんの原因に
B紫外線は肌表面の細胞を傷つけ、炎症を引き起こす作用があります。そのため、『皮膚ガン』の原因になることがわかっています。肌が赤くなるような日焼けも、B紫外線が主な原因です。

▼目の病気の原因に
紫外線の影響を受けるのは、実は肌だけではありません。紫外線は目にも悪影響を与え、黒目が白く混濁して見えにくくなる『白内障』や、角膜が目頭の方からが伸びてきて黒目に三角状に入り込んでくる『翼状片』など、目の病気を引き起こす原因であると言われています。

◇いつから紫外線対策はすべき? 紫外線が多い季節と時間帯とは
▼紫外線対策をすべき期間
紫外線の量が多いのは夏だけだと思いがちですが、間違った紫外線対策をしないためにもその考えは改めなければなりません。紫外線量が最も多い時期は、7月~8月。しかし実は、7月~8月だけでなく、5月~9月にかけても紫外線が多く降り注がれていると言われているんです。

しかも、それ以外の月も夏ほどではないにしろ、しっかりと紫外線は降り注いでいます。一年を通して、その時々にあった紫外線対策を行っていくことが大切です。

▼紫外線が多い時間帯
紫外線量が多いピークの時間帯は、主に10時~14時。一日の紫外線量のおよそ50%がこの時間帯に降り注いでいると言われています。この時間帯は特に入念に紫外線対策をするよう心掛けましょう。

◇屋内だからって油断は禁物! 紫外線対策の注意点
紫外線対策をする際には、知っておかなければならない注意点があります。ただ紫外線対策をするのではなく、紫外線の特性も知ってより効率的な対策をしましょう。

▼『したつもり』になっている間違った紫外線対策
近年、天気予報などでも紫外線量の情報を知ることができ、常日頃から紫外線対策に気をつけている女性は増加傾向にあります。しかし、その紫外線対策『したつもり』になっていませんか?

日焼け止めクリームの使用方法を間違えている、古い日傘を使っている、UV加工がされていないサングラスを使っている…など、紫外線対策を『したつもり』にならないように、紫外線対策グッズの正しい使い方をしっかりと知っておきましょう。

▼曇りや雨の日の紫外線対策
「今日は曇っているし、紫外線対策は必要ないか…」と紫外線対策をせずに出掛けてしまうことは大きな間違いです。曇りの日でも晴れの日の半分以上の紫外線 を浴びているのはご存じですか? 雨の日でも、晴れの日の3割ほどの紫外線を浴びると言われています。したがって、曇りや雨の日でも紫外線対策は怠らない ようにしましょう。

▼散乱光と反射光に注意
紫外線は、直接肌に当たる『直射光』だけでなく、直射光が大気中の分子に当たって散乱する『散乱光』や、直射光が壁や地面に反射する『反射光』にも注意し なければなりません。日傘に頼り切りの人は要注意。地面から反射した紫外線は、日傘だけでは防ぎきれません。そんな時は、日焼け止めクリームを併用して 『散乱光』や『反射光』から身を守りましょう。

▼屋内や車内での紫外線対策
「屋内にいればさすがに紫外線は届かないだろう」。そんな考えも間違いです。前述の通り、A紫外線は窓ガラスをも透過します。つまり、屋内でも窓付近は要注意。車の運転では片側だけが日に焼けてしまうなんてことも。そうならないように、屋内であってもしっかりと紫外線対策を心がけましょう。

[2]紫外線対策グッズといえば日焼け止めクリーム! その正しい選び方や塗り方とは

紫外線対策といえば、日焼け止めクリームを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。近頃はさまざまな日焼け止めクリームが発売されており、季節やシーンに合わせて使い分けが可能なことから、効率の良い紫外線対策ができるようになりました。

そんな日焼け止めクリームに、『SPF』や『PA』といった表示がありますが、その意味はご存じですか? 意外に知ない人が多い、この二つの表示について説明していきます。

◇SPFとPAって何? 日焼け止めクリームの選び方
▼SPF
日焼け止めクリームには『SPF30』や『SPF50』などの表示があることをご存じですか? このSPFが表すのは、B紫外線を防ぐ効果の数値です。この数値が高いほど、肌が赤く炎症を起こしてしまうような紫外線からのダメージを防ぐ効果があります。

▼PA
一方、『PA』は『PA+++』や『PA++++』などといった表示がされます。『PA』が表すのは、A紫外線を防ぐ効果の目安です。『+』の数が多いほど、肌が黒くなったり弾力が失われたりといった紫外線の悪影響を防ぎます。

◇シーン別紫外線対策! 日焼け止めクリームの正しい選び方
では、日焼け止めはどのように選べば良いのでしょうか? シーン別に紹介していきます。

▼日常生活の場合
散歩や買い物など、日常生活の場合は、SPF10~30、PA+~PA++くらいの日焼け止めクリームが目安です。

▼屋外での軽いスポーツや活動の場合
屋外での軽いスポーツやレジャーなどの活動の場合は、SPF10~40、PA+~PA+++くらいの日焼け止クリームが目安です。

▼海水浴など炎天下の活動の場合
海水浴やマリンスポーツなどの炎天下での活動の場合は、SPF30~50+、PA++~PA++++くらいの日焼け止めクリームが目安です。

▼非常に紫外線が多い場所
非常に紫外線が多い場所や、紫外線に特別敏感な人の場合は、SPF40~50+、PA+++~PA++++くらいの日焼け止めクリームが目安です。

◇顔や首もシッカリ紫外線対策! 日焼け止めクリームの正しい塗り方とその注意点
次に、日焼け止めクリームの正しい塗り方とその注意点をご紹介していきます。

▼塗り方
日焼け止めクリームの塗り方は、実は意外と間違っている人が多いと言われています。日焼け止めクリームを塗る際に、ゴシゴシと肌にすり込んだりしていませんか? それでは、日焼け止めクリームの効果は薄れるばかり。また、手のひらに伸ばしてから肌に塗りこむのもNGです。

正しい塗り方は、まず日焼け止めクリームを塗りたい場所に適量を直接置きます。“適量”は、使う日焼け止めクリームによっても異なるので、注意書きをよく読むようにしてください。

その後は、決してゴシゴシとすり込むのではなく、肌に膜を張るようなイメージで伸ばしていきます。日焼けしたくないところ全体を膜で覆ってあげれば、日焼け止めクリームの効果は最大限に発揮されるでしょう。

▼注意点
日焼け止めクリームを使用する際、朝塗ったら「これで紫外線対策はバッチリ!」と安心してしまわないよう注意しましょう。日焼け止めクリームは、時間が経過すると、汗や皮脂などで流れてしまい効果が薄れてしまうため、塗り直しをしないとムラになって焼けてしまうことも。

しっかりと効果を得るためには2、3時間を目安に塗り直すと良いでしょう。汗をかいている時は、しっかりと汗を拭ってから塗り直すようにしてくださいね。

紫外線を鉄壁ガード!自分のライフスタイルにあった日焼け止めを探そう~まとめ~

[3]『日傘、帽子、服、サングラス』 紫外線対策グッズの選び方や使用方法

日焼け止めクリームだけでは強い紫外線は防ぎきれません。そこで、ここからはさまざまな紫外線対策のグッズの選び方や使用方法を紹介していきます。

◇色は関係ある? 日傘で上手に紫外線対策をする方法
「日傘は黒い方が良い」と言われていますが、実際のところ表面の色にはそこまでこだわる必要はありません。問題は、UVカット加工のパーセンテージや遮光率です。たとえ白い日傘でも、UVカット加工がしっかりとされていれば紫外線は十分に防ぐことができます。

また、重要なのは日傘の裏面の色です。地面からの反射光により照り返しが起こり、日傘の中で日焼けをしてしまわないよう、日傘の裏面は暗めの色を選びましょう。さらに、日傘はできるだけ低く持つのがポイントです。

それと、もう一つ注意したいのは、日傘を購入してからの経過年数です。3年以上使用している日傘は、UVカット率が落ち込んでいる場合があります。心当たりのある人は買い替えを検討してみることをおすすめします。

◇どんな形がおすすめ? 帽子で上手に紫外線対策をする方法
紫外線対策を目的とした帽子は、できるだけつばの広いものを選びましょう。キャップよりもハット型が理想的。UV加工されたものであればより効果的です。また、UV加工がされていないものでも、衣類用のUVカットスプレーで効果を高めることもできます。

◇UVカットの服で上手に紫外線対策をする方法
紫外線対策としては、UVカット効果がある服を羽織るのもおすすめです。UVカット繊維を使用した服であれば、通気性も良く、夏であっても涼しく着ることができます。

◇目もしっかり守ろう! サングラスで上手に紫外線対策する方法
最近は目の紫外線対策まで考えて、サングラスを着用している方も増えてきました。しかし、そのサングラスはシッカリUV加工がされているでしょうか? どんなサングラスでも、かければ紫外線から目を守れるというわけではありません。

A紫外線は、レンズを通過して入り込んできます。サングラスによって光が遮断され、開いた瞳孔はその紫外線をもろに取り込んでしまいます。これでは余計に目に悪影響です。したがって、サングラスを使用する際は、必ずUVカットレンズのものを選びましょう。

[4]食べ物でも紫外線対策ができる? 体の中からの対策方法

紫外線対策グッズだけではなく、食べ物を摂取することで紫外線対策を行うことはできるのでしょうか?

◇紫外線の影響を和らげる食べ物『ビタミンA、C、E』とは
紫外線対策とは言えないかもしれませんが、紫外線の影響を和らげる効果が期待できる食べ物なら存在します。それは、以下のような栄養素が含まれている食べ物です。

▼ビタミンAを含む食べ物
ビタミンAを含む食べ物は、皮膚や粘膜を正常に保つ働きをします。レバーやうなぎなどに多く含まれます。

▼ビタミンCを含む食べ物
ビタミンCを含む食べ物は、メラニン色素の生成を抑える働きがあります。イチゴやキウイ
ミカンやアセロラなどに多く含まれます。

▼ビタミンEを含む食べ物
ビタミンEを含む食べ物は、抗酸化作用があると言われています。アーモンドやマーガリン、モロヘイヤや菜種油などに多く含まれます。

[5]正しい紫外線対策で日焼け知らずの美肌を目指そう!

紫外線について理解していただけましたか? せっかくきちんと紫外線対策をしているつもりでも、間違った紫外線対策をしてはせっかくの努力が無駄に なってしまいます。しかも、紫外線の影響はすぐに現われるものだけではありません。数年後、数十年後に後悔しないよう、しっかり紫外線対策をして日焼け知 らずの美肌を目指しましょう!

[HB WEB]

口腔ケアの重要性

■口の中でわかる”早死にする人、ボケる人” 多くのシニアが”歯”で後悔している

口の中を見れば寿命がわかると言ったら驚くだろうか。口の中には、さまざまな病気を発症させる怖い細菌が潜んでいて、シグナルを発しているからだ。早速自分の口の中を覗いてみてほしい。

老後、みんなが「歯」で後悔している

以前プレジデント誌では、シニア1000人(55歳から74歳の男女)を対象に「今、何を後悔していますか」と尋ねるアンケートを 行った(2012年11月12日号)。すると、健康面では、運動不足や食事の不摂生、毛髪の手入れ不足などを上回り、「歯の定期検診を受ければよかった」 がトップになった。「もっと歯を大切にすればよかった」と思わせる現象が、この年代に入ると起こるのだ。歯科医の波多野尚樹氏(波多野歯科医院院長)は、 口の中を見れば寿命がわかるという。口の中がどんな状態だと、早死にするのか、取材した。

例えば酒を飲んでそのまま寝てしまった朝、歯の裏や舌の上、口の中を覆っている口腔粘膜全体が、ネバネバで不快な感じになったことはないだろうか。 口の中には、何百種類もの細菌が棲み着いていて、これが、口の中に残った糖をエサに大繁殖し、ネバネバの粘性物質を作って口腔内にべったりと張り付いてい るのだ。これを口腔バイオフィルムという。プラーク(歯垢)ともいうが、バイオフィルムの中では歯周病菌も、大繁殖する。歯周病菌は菌の細胞膜そのものに 毒があるため、歯肉に触れただけでも炎症を起こす。悪くなると膿が出て、ひどい口臭がするようになる。

自覚症状としては、歯を磨くと血が出る程度で痛みもないことが多い。だが、鏡で口の中を見ると、歯の間の歯肉が赤く腫れ、軽くぶよぶよしていたり、また最近歯間に食べ物が詰まりやすくなったと気づくだろう。

実は、歯周病の人の口の中は、歯肉だけでなく粘膜全体が赤くただれているのだ。舌の表面に白いカビがこびり付いて「舌苔(ぜったい)」ができている 人も多い。口内炎もできやすくなり、喉の奥が赤く腫れて白い粒々が付いている。これらはみな、歯周病という感染症の症状で、全身の病気を引き起こす寿命に 関係する怖い兆候だ。

では、なぜ歯周病菌が全身の病気を引き起こすのか。歯肉に腫れが起こると、体はリンパ球や白血球を集結させて炎症を抑えようとする。このとき、歯肉にはリンパ球を送り込むための新しい血管が作られる。この血管の中に歯周病菌が入りこみ、全身へと流れていってしまうのだ。

全身の血管をめぐり始めた歯周病菌は、あちこちで血栓を作って血管に付着し、血液の通りを悪くする。これが心臓に近い冠動脈で起これば心筋梗塞、脳 血管で起これば脳卒中、腎臓の血管が詰まれば腎不全になる。酒も飲まないのに起こる非アルコール性脂肪肝炎(NASH)や、近年、患者数が急増している潰 瘍性大腸炎でも、歯周病菌が肝臓や大腸にまで至り、作用していることがわかってきている。

また、歯周病は糖尿病とも関係している。血中に糖があふれ、血管を傷つけるのが糖尿病だが、あらゆる治療をしても血糖コントロールできなかった人が、歯科で歯周病を治したら、糖尿病治療もうまくいくようになったという報告もたくさんある。

今や日本人の死因の第3位とされる「誤嚥性肺炎」も歯周病菌と関係がある。ものを飲み込む力が弱くなり、食べ物や唾液が食道ではなく気管に入ってし まうことを「誤嚥」という。この誤嚥の際に、唾液に交じり込んだ歯周病菌など多くの口腔内細菌が気管に入り込み、慢性的な炎症が起こり、そこにインフルエ ンザの感染などがきっかけになって誤嚥性肺炎が起こるのだ。

また、歯周病が進み、歯がなくなると、認知症に なる可能性が高まる。歯周病は、炎症がやがて歯周ポケットといわれる歯肉の奥深くまで広がり、歯を支えている「歯槽骨」という骨を溶かしていく。支えがな くなった歯はぐらぐらし、抜ける原因になる。まず犬歯が抜ける人が多く、次に奥歯が抜ける。すると、残った歯に食事のたびに負担がかかり、次々にダメージ を受けて、連続して歯が抜けていく。名古屋大学の調査では、アルツハイマー病患者は健康な高齢者に比べて、残っている歯の数が平均して3分の1しかなかっ た。また、健康な人に比べて、歯が抜けた後に義歯を使用している割合も半分しかいない。つまり、歯の保有数や治療の有無は、脳の萎縮にも関係することがわかったのだ。

口の中は、人生をも表す

そんな恐ろしい歯周病を加速させるのが、喫煙だ。口の中を見ると、タバコを吸っているかいないかがすぐにわかる。ニコチンによる色素沈着だけではな い。血流が悪いために酸欠が起き、粘膜の細胞はますます再生能力を失い、口の中は焼けたようにただれている。血流が低下するから、白血球などの免疫細胞も少なくなり、歯周病菌が繁殖するのだ。

歯周病の治療に通っていながら、そういうひどい状態が見えたときは、はっきり言うことにしている。「喫煙者は救われない。このままタバコを吸い続け るなら、あなたの寿命はもう長くありません。治療を続ける意味があるか、自分で考えてほしい」。そうして患者さんの覚悟を促し、歯周病という感染症の本当 の怖さを伝えていくしかないからだ。

これまでむし歯も歯周病もなく、きれいなピンク色の歯肉だった人が、何年後かに診ると口の中の様相が変わり、歯肉にはばい菌がびっしり付いていると いうようなこともある。それは、生活に何か問題が起きているということなのだ。仕事がうまくいっていない、経済的な問題、夫婦間トラブル、離婚、介護疲れ 等々。

ストレスや疲労、睡眠不足で免疫力が低下し、細菌感染がひどくなったのかもしれない。いや、困難な生活の中で、自分のケアが二の次になった結果なのだろう。口の中は寿命だけでなく、その人の生活環境や人生までも表すのだ。

だが、歯の治療にはお金がかかる。歯のことで、老後に悔いを残さないためにはどうしたらいいか。それは、今すぐ歯の磨き方を変えることだ。

歯磨きとは歯に付着している細菌を掃き落とす行為をいう。ヨゴレを落とすのではない。抗菌効果をうたった歯磨き粉にこだわる必要はない。鏡で口の中 をよく見て歯並びを自覚しながら、磨き残しのないように磨く。特に、歯並びの個性的な人は、八重歯の裏などに磨き残しが出やすい。そこには細菌が繁殖しやすく、歯周病も起きやすい。フロスで歯間のそうじをする習慣もつけよう。

私はインプラント治療に取り組んでいるが、まずは、歯磨き講習から始めなければならない人は多い。すさまじい細菌の繁殖を食い止めなければ、せっかく埋め込んだインプラントの周囲にも炎症が起こり、周囲の骨を溶かしてしまうからだ。

口腔ケアという生活習慣を身につけることが、歯と全身の寿命を延ばし、人生の後悔を1つ減らすことにつながるはずだ。

波多野尚樹(はたの・なおき)
慈皓会・波多野歯科医院院長
[PRESIDENT online]

一番目に楽しいことは趣味に、、、二番目に楽しいことを仕事に。。。

■趣味を副業にする必要はありません

このテーマについて、作家のMolly Conway氏が、素晴らしい記事を書いていますが、昔から繰り返し言われ続けているアドバイスがあります。

それは、「何か得意なことがあると、人からそれを仕事にするように奨められるが、そうする必要はない」というものです。

おそらくあなた自身も望んでいないのではないでしょうか。お金のために何かをすることと、楽しみのためにするのとはまったく違うことです。

現代社会では、誰かに才能があると見るや、すぐにそれを使ってお金を稼ぐようにと奨めます。

Conway氏は、ドレスを自作している女性とのエピソードを、次のように話しています。

「うわー!」と私は叫びました。

「とっても素敵。 Etsyとかに出店してる?」

すると、急に重苦しい雰囲気がたちこめました。彼女はがっくりとうなだれ、「してないの」とため息をつきました。

「みんなからそうすべきだと言われるんだけど、何から始めればいいかわからないの…」

私は、他人の身勝手な期待によって、一瞬にして打ちひしがれてしまった一人の女性を見つめていました。

小売の仕事をすることになる

世の中は、ビジネス創設神話であふれています。

パン作りが大好きなので、ベーカリーチェーンを始めました…。

熱狂的なスニーカーコレクターだったので、コレクター向けアプリを企画して、ベンチャーキャピタルから資金を集めました…。

しかし、ビジネスは趣味とは違います。

雑誌に載っているプロフィールや、きらびやかなショップの背後には、うんざりするような仕事がいっぱいあります。

あなたは多くの時間を、小売販売の仕事に費やすことになります。

喜びを手放さない

目的がお金ではなく、趣味を充実させる機会を得ることであるなら、喜びを差し出すのではなく、喜びを高めてくれる場所がほかにもたくさんあるはずです。

趣味仲間を見つける

たとえば、同じ趣味の人が集まる愛好家クラブを探して、作品を交換したり、アドバイスをしあったり、競争しあったりすることもできます。

フォーラムやsubreddit、Facebookグループ、Discordチャットに参加してみましょう。ソーシャルアカウントを作って、作品を披露したり、ほかの愛好家をフォローしてください。

制作過程をブログに載せたり、メイキングビデオやポッドキャストを公開するのもよいでしょう。ただし、そうしたことはあくまで喜びを高めるためにやるものです。

趣味そのものに費やす時間が、食いつぶされないようにしてください。

友人や家族のためにやる

顧客ではなく、友人や家族のために、カスタムアイテムを作ったり、カスタムパフォーマンスを提供してあげるのもよいでしょう。本当に得意なことがあるなら、その趣味をギフトにすることができます。

大切な人のためのプロジェクトに取り組み、自分の限界にチャレンジしてください。何かを頼まれて、それをしたくない場合でも、お金がからむビジネスよりは、ずっと簡単に断ることができます。

コンテンストに出てみる

人に知ってもらいたい、才能を試したいなどの願望があるなら、オープンマイクやコンテストなど、お金が絡まない形で公の場に出ていける方法を探してください。

なかには、人と競うのが好きだったり、プレッシャーを楽しみたい人たちもいることでしょう。資本主義は、そうしたことを味わうための一つの形態に過ぎません。

地元のフェアで稼いだ20ドルが、ネットショップで稼いだ200ドルよるも価値があることだってありえます。

もし、あなたにあまり才能や実力がなかったとしても、あなたの手作りのジュエリーがクリスマスプレゼンにするにはひどすぎる代物だと、誰が言ってくるというのでしょうか?

作品の出来栄えに自信がなければ、赤裸々なフィードバックをわざわざ求める必要はありません。

ただ、あなたのしていることを楽しそうだと言ってくれる人、同じことを一緒にやりたいと言ってくれる人がいれば十分です。

褒め言葉を受け入れる

あなたに本当に得意なことがあれば、周囲の人は、それをお金に換えるようにと言ってくるでしょう。

しかし、それは、単なる褒め言葉にすぎません。あなたの作品に価値があると言いたいだけなのです。

たとえそうでなくとも、会話の流れで言っているだけです。ですので、褒め言葉を素直に受け入れてください。

そして、その趣味は純粋な楽しみのためにやっているのであり、楽しさを失うリスクはとりたくないのだと説明しましょう。

そして、会話を趣味そのものや、その趣味のどこが好きなのか、その趣味が自分に何を教えてくれたか思い返してみるといいでしょう。

[lifehacker]

ポジティブはコンプレックスの先にある

「考えないようにする」ではなく「考え抜く」ことで得られるプラス思考

■「弱い自分」を許せるようになった
プロ15年目となる上田さんは、今季ツアー2勝、通算15勝目。長きに渡り女子ゴルフ界のトップを走り続けている。プレーや日常の一瞬を捉えたいくつかの 写真を渡され、「最も美学や信念が表現されている写真は?」と聞かれた上田さんは、狙いすましたアイアンショットの写真を選んだ。「ゴールに向かって常に 進んでいくことを自分の中で大事にしているので、これが一番自分らしく、未来を見ている感じがします」と迷わず即答。その決断力の速さについて触れられる と、「ゴルフのプレー中でも大事だったりするので、迷わないようにも努力しています。“直感で決まらなくてもすぐに決める”ことを普段から意識していて、 例えば、買いたいものが3つあって迷うくらいなら、3つとも買います」と笑う。
“決断力”は、上田さんに対するパブリックイメージに当てはまると言えそうだ。同様に、“負けん気が強い”という印象もある上田さんだが、前回の出演から 1年経ち、大きく変わった点は「許せるようになった」ことだという。「もともと自分の性格がイヤで、以前は人からどう見られているか、自分がどうあるべき かが先行し、自分がどうしたいか、どうありたいかは考えていなかった。我慢することもストレスに感じたり、ネガティブなイメージを持っていたりした」とい う。今では、“我慢している自分”、“弱い自分”を許せるようになったが、その変化は、上田さんがMCを務めるトーク番組、『全力!桃子チャンネル ~上田桃子が伝えたいコト~』(BS朝日、毎月第3土曜9:00~9:30)にゲスト出演する“その道のプロ”たちの影響によるものだった。中でも、最初 のきっかけは、海洋冒険家の白石康次郎さんとの出会いだと振り返る。「ポジティブな白石さんは、自分とは真逆の人だと思っていた。けれど、親しくなる中で 色々な話を聞いてみるとすごく繊細で、たくさん考え抜いた先でプラス思考に行き着いた、ということが分かった。白石さんのお陰で、“私はまだ考え抜くとこ ろまではいっていない”、“自分を好きになれなかった期間も必要な時間”と考えられるようになりました」。
■一度きりの人生は「自分らしく」
以前に出演した際は、24時間、寝ている間さえゴルフのことを考えてしまい、「料理をしている時だけゴルフを忘れられる」と語っていた上田さんだが、現在 は、ゴルフ場を出たら違うことを考えるようになったという。「例えば次の休みの予定やオフに行ってみたい海外のことを考えたりしています。そうやってオフ の時間が充実する分、スイッチがオンになった時により集中できるようになりました」。33歳の今、結婚や出産といった、女性としての幸せを望む気持ちがな いわけではない。しかし、「今の優先順位はゴルフ」ときっぱり。「ゴルフが楽しいと思っている間はチャレンジしたいので、今はゴルフを頑張りたい」と力強 く語った。
上田さんは、「コンプレックスだらけで、“こうなりたい”という欲望もいっぱいあるけれど、それも含めて自分なので、それでいいと思っている。良くも悪くも、誰でも人にないものを必ず何か持っているので、一度きりの人生、それをまず伸ばしていくことがとても大事ではないか」と語り、座右の銘は「自分らしく」であると述べた。そんな上田さんが自分らしいと感じる部分は“粘り強さ”だ。「どんなに差がついていても、最後に何か起こるかもしれない。そう思うこ とで来週につながると思っているので、一回も諦めたことはないです。若い時は本当に負けず嫌いな性格が自分を支えていたし、根本、諦めの悪さは染みついて いるので、これからも自分らしさとして大事にしたいです」と笑顔を見せた。
才色健美~強く、そして美しく〜 with Number

ストレスマネージメント

■1万人の面談でわかった ストレスに悩まない人の「7つの習慣」

産業医として約1万人と面談してきて分かってきたのは、不安やストレスに悩まない人は7つの習慣を身に付けていること。

1つ目の習慣は「好きなことをする」だ。

「テニスをしているときに、ボールを追いかけながら仕事のことは考えにくい。バイクを運転中のときなども同様、仕事のストレスから解放されるときだと思い ます。このように趣味や娯楽など好きなことをやっているときは嫌になることや負担になることがあっても、それを忘れることができます。そして、心も体もリ ラックスできるのです」

2つ目は「構える」。

「人は想定外のことが起こったときにダメージを受けます。なので、想定外のことに対して構えること。最悪のシナリオを想定することがショックを和らげるこ とにつながります。例えば『急に病気になったら?』『突然、会社が倒産したら』など最悪のケースを想定する。これに構えておくとイザというときに必要以上 にインパクトを受けません。仕事、人間関係、お金、健康、住居など想定外を考えてみるといいでしょう」

3つ目の習慣は「区切る」。

「例えば旅行に行く、コンサートに行く、週末にバーベキューをするなどで職場との区切りをつくります。マラソン選手が喉が渇く前に給水所を決めているように、あらかじめ休暇の期間を確保し、それに合わせて仕事のスケジュールを組むことが望ましいですね」

4つ目は「捨てる」。

「やりたいことを決める前にやらないことを捨てる習慣を身に付けている。無駄なことをやらないだけでストレスは随分軽減されます。例えば職場での人間関係 のストレスです。大半の方は『相手を変えられる』と思ってイライラする。この考えを捨て、『他人は変えられない』と切り替えれば気持ちはスーッと楽になり ます」

5つ目は「体を動かす」。

「有酸素運動や一定のリズムを伴う運動をすると脳内でセロトニンが活性化するといわれています。セロトニンはうつ病患者に不足している脳内物質。体の緊張を和らげる働きもあり、不安やストレスにとって重要な役割を果たします」

6つ目は「書く・人に話す」。

「何が不安なのかを書き出し人に話すことでその原因がはっきりとし、対処方法が見えてきます。そして、うんうんと話を聞いてもらうだけで『理解してくれる人がいるんだ』となり、自己肯定感が高まります。そして孤独や不安が和らぎます」

最後の7つ目は「新しい出会いを求める」。

「いつもと違うルートで通勤してみる、新しくできた店に入ってみる、勉強会や交流会に参加してみるなど。新しい人との出会いや新しい学び、新しい習慣など非日常を楽しむ。ワンパターンになることを避け、脳に新しい刺激を与え、ストレスに悩む時間をリフレッシュしましょう」

1つでもできそうな習慣があれば、実践してみたい。

(武神健之/日本ストレスチェック協会代表理事 構成/中森勇人)

[日刊ゲンダイDIGITAL]