自分が考えたとおりに生きなければならない、、、そうでないと、自分が生きたように考えてしまう。。。Vol.3

 

自由な人生…
自分自身を救える人生…
人の数だけあるそれらは、具体的にどんな人生なのかをよく考え抜いて、そんな人生を送れるように必要な準備を始めなければなりません。

そうでなければ、人は自由に、自らの心に忠実に生きるのではなく、単によく慣れて安定感を得られる事柄ばかりに囲まれた、これといった変化も挑戦も成長もない人生を送り逝くことになるやもしれません。

 

「これからたくさん時間があるのに、何も急ぐ必要はない。ゆっくり考えればいいだろう」
もしもこんなふうに考えている人のために、以下は十余年ほども前に新聞で紹介されたある95歳の方(103歳で逝去)の告白です。

『私は、若い頃、熱心に働きました。
その結果、私は認められ、尊敬されるようになりました。

そのお陰で、65歳のとき堂々と引退することができました。
そんな私が30年後の95歳の誕生日に、どれほど後悔の涙を流したかしれません。

私の65年の生涯は、誇らしく堂々としていましたが、その後の30年の人生は、恥ずかしく悔やまれる悲痛な人生でした。

私は引退後、「もう十分生きた。残りの人生は、おまけみたいなものだ」と考え、
ただ苦しまずに死ぬことだけを待っていました。

むなしい希望のない人生、
そんな人生をなんと30年も過ごしました。

30年という時間は、今の私の年齢、95歳の1/3にあたる、とても長い時間です。
もし私が引退したときに、
あと30年生きられると思えば、
こんな風には生きてこなかったはずです。
そのとき私は、自分は年老いた、
何かを始めるにはもう遅いと思っていたのが、大きな過ちでした。

私は今95歳ですが、意識は明瞭です。
あと、10年、20年、生きるかもしれません。

私はこれから、やりたかった語学の勉強を始めようと思います。
その理由は、ただ一つ。

10年後に迎える105歳の誕生日に、
95歳のときになぜ何も始めなかったのかと後悔しないためです』

 

長い時間でも、短い時間でも、意識的に生きなければ、時間はただ流れていきます。

「たとえ明日世界が滅亡しようとも、今日私は林檎の木を植える」
「すべてのことは願うことから始まる」
『「今でなくても」が、「やらなかった」になるのは実に早い』
場所や時間を超えて相通じるこれらは、ドイツの宗教改革者ルターが遺した名言です。

 

さらに過日のウェブ記事ファイルから、
脳科学者・中野信子氏のコラムも再度ご紹介します。

 

〜Vol.4に続く

自分が考えたとおりに生きなければならない、、、そうでないと、自分が生きたように考えてしまう。。。Vol.2

 

一体自分とは何者であって、
何処へ向かうべきなのか、
何を為し、
何を手に入れたいのか、

自分自身を探さないのは、他者の人生の脇役や片隅のエキストラを演じているに過ぎません。

自分自身と真っ直ぐに向き合い、自らの内なる心の声に無条件に従って生きる限りのすべてが正しいのです。

 

何も見えてこないうちは、置かれた場所で与えられたことに全身全霊を傾けることからしか何も見つけられません。

問い続けて見えてくるものがある限りは、それらに邁進し続けるしかありません。

これまでどんな人生だったとしても、過去の人生のすべての段階が集まって今の自分が存在しています。

これまでの人生はすべて自分が創造したものであるように、これからの人生のすべてもまたこれから自分が創造していくものです。

その時々の場面において、他者からの押し付けや他者の瞳に映る好かれたい認められたい自分を探すのではなく、自らの内なる心の声に忠実に従っての選択決断でありさえすれば、それらすべては自分の血となり肉となります。

さらに諦めないで継続していけば、たとえ一時の失敗も一過程にすぎず、次に続く成功へと繋げていけますし、自信という思い込みでしかなかった事柄を、実際の経験は確信に変えてくれるのです。

 

Vol.3に続く

 

自分が考えたとおりに生きなければならない、、、そうでないと、自分が生きたように考えてしまう。。。Vol.1

 

一体自分とは何者であって、
何処へ向かうべきなのか、
何を為し、
何を手に入れたいのか、
問い続けてこそはじめて見えてきます。。。

人生は一度きり、やり直すこともできません。

自分が本当に願う人生、逝くときに後悔しない人生を送るためには、日々自分自身に繰り返し問い続けねばなりません。

状況は常に、時代も、そしてその自分自身すらも変わり続けていくのですから。。。

 

人が本当に願っているのは、一人の人間として独立して自由に生きているという感覚、愛し愛されているという感覚、理想とする自分を実現しているという感覚、大切で有意義な人生を送っているという感覚、より良い世界をつくるのに貢献しているという感覚、、、

つまりは、自分の存在意義と価値の実現からもたらされる内面の満足感や充足感でしょう。

 

たとえ、自らに真正面から向き合う余裕もなく、社会や組織や家庭に組み込まれ、既得権益者たちの都合でつくられた常識や責任などという幻想の檻に囚われたまま、いつの間にか自立心を依存従属という安定に摺り替えて吝かでない人生を過ごしてきてしまったとしても、再始動する勇気さえ持てればいつからでもどこからでもやり直せます。

たとえ、そのまま時を打ち過ごしてしまったとしても、人生の後半期には、社会や組織や家庭での責任も減り、ただ自分として生きていける、
心から願っている本当の私の姿で、人生の中身を自ら満たし、スピードを自分で調整しながら心安らかに豊かに生きていける機会が訪れます。

すべての外形的、人為的な価値がなくなっても、独り自ら存在する本当の自分を見つけなければなりません。
世俗的なもので満足できない何か、望むものをすべて手に入れても何かが欠けていると思うのは何故なのでしょう。

それは、自分の価値を見つけられるのは自分自身だけであり、自分の価値を創造できるのも自分自身だけだからです。
自分の価値は、誰かが認めてくれるからではなく、自分自身が創造し、自分自身が意味を持たせるからこそ唯一無二真に尊く、自分自身をあわよくば完全に満足させ、少なくとも心から納得させてくれるのです。

 

Vol.2に続く